16歳の三輪明宏と三島由紀夫とのすごい会話

爆笑問題のラジオ 運転しながら流しで聞いてたら、三輪明宏さんが生出演!


三輪さんってよく知らなかったので、最初は単なるキモ系のおかまかとばかり思っていました。
とんでもかなった。

今でこそああいった風貌ですが、若い頃の写真を見るとGACTさんをさらに濃くしたようないでたちでビックリします。
あの若さでものすごい読書量で、当時の第一級の文化人と対等に渡り合っていた。というか求愛もされていたようです。

そんな貴重な体験を垣間見る話しがあったので紹介。


三島由紀夫さんとの会話(敬称略)

三島

「君はねぇ。美貌も含めて95%の長所がある。だけど、あとの5%の短所が問題だ。そのたった5%の短所が95%の長所を吹き飛ばすだけの最悪の短所だ。」


三輪

「へぇ~。ステキじゃない。それじゃぁその5%のひどい欠点って何なの?」


三島

「俺にほれないことだ。」


三輪

「いやぁ~あなたね。あたくしは、恋と愛は別でね、恋愛感情ってもんは哀れな人が好きなんですよ。
もう、あたくしの助けが要らないような人はね、あ~お呼びじゃないのねって興味が全然わきません。だから、尊敬してる人には、恋愛感情はもてないんです。」



三島

「君は、誤解してるぞ。」


三輪

「どうして?」


三島

「君と別れたあの雨の日に一人でかえって行く私の後ろを見てみろ。振るいつきたくなるぐらいかわいそうだぞ。」


当時の好きになる対象は今もかわらなそうです。
相手が誰であれ、自分の信念は曲げないでしっかり持ち続けるところ。なんかナルトみたいだなぁw


三島由紀夫の求愛をあっさり蹴る。それも16歳くらいかそこらの年齢で。
三輪明宏ってただもんじゃない。
でも、三島さんの求愛の仕方もなかなかのもんですね。
こんなことをいわれたら、今まで男として意識していなかった相手でも「はっ」っとさせられてしまうかも。
まぁ相手によりますがw



ここまで読んでいただいちゃって感謝です~~ヾ(>▽<)
ブログランキング参加してます。
良かったら応援クリックを!ヾ(>▽<)
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ
にほんブログ村

恋愛 ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もも

Author:もも
何となくな人生に区切りをつけたいです。ヾ(>▽<)

ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
フリーエリア